昔の恋を思い出しちゃった

未分類

子どもを連れて、区役所に行った。いろいろな手続きが必要で、ちょっと疲れてきたとき、対応して下さった職員さんに、恋をしかけた。
彼は、かつて私が恋をした男性に似ていた。
顔が似ていたのではなくて、声と、身のこなしが似ていた。ちょっとSっ気のあるような、「あら、お母さん、そこはシッカリしないと。」なんて言いながら、テキパキと書類を集めて説明してくれた。「また分からないところがあったら、いつでも来てね。」と見送ってくれた。
私が結婚した男性は、この男性とは全く違うタイプだ。そうか、私、昔はこういう男性に恋をしていたんだっけ、と思い出した。子どもは幼いからまだわからないかなと思い、「昔好きだった人のこと思い出しちゃったー」と鼻歌を歌いながら帰宅した。
また何か用事つくって役所に行きたいな、なんて思ってしまう。既婚の身、幼い子どもがいる身の私だ。恋愛をすることは絶対ないし、もちろん相手も私をそんなふうに見ることも絶対にない。それでも、かつてものすごく恋をした男性を思わせる、その区役所の職員さんに、会いたいなぁと思う。思うだけなら、許されるかなと。
昔とっても好きだった彼は、いまどこで何をしているのか知らない。元気だといいな。それだけでいい。
http://xn--pairs-zo4dob14a.xyz/

「幸せ」ってなに??

未分類

あなたが最近感じた幸せは何ですか?
そう問われた時、あなたはすぐに答えることができますか?
私は考えても考えても、「最近感じた幸せ」という問にふさわしい答えが出てきません。また、今まで1番幸せだと思ったことは?に対する答えも同様です。不幸なのかと問われると、そういう訳ではないのですが、でも幸せかと聞かれてはっきりうなずくこともできないのです。
幸せ、それはもちろん人それぞれ形が違うと思います。ですが最近、ふと思うことがあります。もし私に愛する人がいれば、その人が幸せを感じさせてくれるのではないかと、そう思うんです。
なぜ私がそんな風に思うかというと、私は今年で24歳になりますが、今まで本気で人を好きになったことがありません。付き合うという経験はあっても、相手を心から大好きだと思えたことがありません。
私にとってそれはコンプレックスであり、自分が幸せだと素直に思えない原因であるようにも感じます。
人を本気で好きになる、愛する、という感情を持つことは、幸せをつくることに欠かせないものだと私は思います。
その感情なしで起こることは、いくら楽しいことや嬉しいことであっても、「楽しい」や「嬉しい」以上の「幸せ」にはならないと思うからです。

今私がお金にも困らず、普通に生活出来ているということをはっきりと幸せだ、と言えないことは、他の誰かからすれば贅沢なのかもしれません。
でも私は本気で人を好きになって、ああ幸せだ!と思える生活を送りたいのです。
他人から見て、あの人は不幸だと思われてもいいのです。自分自身が幸せだと思えるのなら。
アルバニアホワイトニングクリーム【効果絶大シミ・くすみクリーム】

サプライズにしてはでかすぎるプレゼント

未分類

去年の結婚記念日の話です。
旦那は元々、何が欲しいの?と聞くタイプではありません。
だいたい自分も食べたいケーキなど、食べ物をよくプレゼントやお土産に買ってきてくれる事が多いのです。それでもプレゼントして貰えるのは嬉しいですし、今回もそんな感じかなと、お互い結婚記念日が近づいてもその話はしませんでした。
結婚記念日当日、今日お昼くらいに居る?と言う旦那、話を聞くと荷物を受け取って欲しいとの事でした。おっ、花束かもと安易に考えていると、ピンポンとチャイムが。そこには何ともまぁ予想を遥かに超えたダンボールが到着したのです。
重すぎるその箱を開けると、パン焼き器が出てきました。
嬉しいという気持ちの前に、でかい、でかすぎる、どこに置くのこれという気持ちが来てしまいました。本当に申し訳ないと思いますが、私が求めていたパン焼き器とは違っていますし、大型家電製品を購入する際は、主婦の私にも相談して欲しいのです。
欲しい形や色も有りますし、この大きさはどう見ても我が家向きではないので困りました。
いつも旦那は、色んな機能が付いていて、有名メーカーの物なら良いものなんだと信じているのです。
有難うと言いながらも、モヤモヤした気持ち有りのサプライズプレゼントでした。
結局、自分が焼き立てパンを食べたいけど説明書を読むのは面倒だから、後は全部任せるから作ってねという考えでしょ?という言葉が飛び出す寸前でしたが、高いプレゼントですし、今回はその気持ちは封印しました。
あまり広くない我が家のキッチンには、明らかにキャパオーバーなパン焼き器は、誰かが遊びに来る度にでっかいねとツッコミをされています。
今もパーティの時など活躍しているパン焼き器、複雑な思いでパンを焼いています。

ページの先頭へ